中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
全日本選手権を終えて(フリー編)
ショート編からの続きです。)



ジャンプを回りきって降りてこられれば大丈夫、と思いながら迎えたフリーの日。公式練習は入場時間の関係でほとんど曲かけは見られなかったものの、残った時間はプログラム前半を重点的に確認している様子で、繰り返し冒頭のアクセルを跳ぶ中野選手。しかし、自分が見ていた限りではステップアウトするなど着氷が乱れることが多く、3Aはおそらく試合では入れないだろうな、と見ていて思いました。その後は久美子先生に呼ばれて近くまで行き、信夫先生も見守る前で細かい振付をチェック。

最終グループの6分間練習はテレビでもその何割かは伝わったかと思いますが、異様な緊張感に会場全体が包まれました。氷の上に飛び出していく選手たちのスピードがそれまでとは格段に違い、リンクが急に狭く感じられる、これが全日本の女子最終組だ、と改めて感じさせる空気です。そんな中で、ジャンプは冒頭のアクセル以外はほとんど問題なく降りていて、中野選手の調子は悪くなさそうに素人目には見えました。

そして競技開始。まず、鈴木明子選手が滑走、会場全体の温度を急上昇させるような素晴らしい演技を見せ、観客もスタンディングオベーションで迎えます。さらに、続く村主章枝選手もまた、自分の演技によく集中して会場の空気を自分のほうへと引き寄せました。

続いて姿を見せ、いつものように佐藤先生の指示を聞いてからリンク中央に向かい、ポーズをとる中野選手。冒頭の狂乱の場面です。まずはダブルアクセル(2A)。このフリーの日当日にトリプルアクセル(3A)を外すことを決めたということでしたが、練習での成功率を考えれば入れなかったのは現実的な判断だったと思います。そして跳んだトリプルフリップ(3F)。これまでの試合ではダブルトウループ(2T)をつけてコンビネーションとしていたこのジャンプが空中分解してしまいます。

今大会のフリーではこれまでの試合とはいくつか要素に変更がありました。グランプリファイナルまで3番目の要素はトリプルサルコウ(3S)+2T、4番目の要素は2Aとなっていましたが、全日本ではこの部分の構成がそれぞれ3S、3S+2Tとなっていました。試合後選手にうかがったところ、先生の助言もあって、GPF後の短い期間にこのような構成変更を行ったのだそうです。2Aを3Sにしたことでこの部分の要素の基礎点が3.5から4.5に増え、安定したサルコウでGOEの加点も受けました。このコンビネーションも決めて持ち直したかと思ったところで、今度はトリプルルッツ(3Lz)が先ほどのフリップと同じような形で空中分解してしまいました。

回転の途中でばらばらになって降りてきてしまうこれらのミスでは回転不足のうえに着氷も乱れ、大きな減点となります。それでも最初のフリップの失敗を受けて、とっさの判断で全体の8番目の要素となる3Fに2Tをつけてコンビネーションにした中野選手、残念ながらこれは回転不足と判定されましたが、ミスが続いた中でどうにか点を取ろうという選手の気持ちがありました。しかし、決定的となったのが3連続ジャンプ(トリプルトウ+ダブルトウ+ダブルループ;3T+2T+2Lo)でした。この最後の2Loで痛恨のミス。

シーズンが本格的に始まる直前からジャンプが不調というお話を選手からうかがっていました。それも選手の言葉を借りれば「絶不調」。夏のアイスショーではほぼミスのない演技を見せていたものの、「絶不調を不調ぐらいにしたい」と言いながら東京ブロックに出場、その後のスケートアメリカで素晴らしい演技を見せ、選手を応援する者としてテレビを見ながらこれで上昇気流に乗れる! と思っていたところで足首の故障が発生、さらにそれをかばって股関節を痛めたということで、身体的にも精神的にも不安を抱えたまま試合に臨まなければならないシーズンとなってしまいました。

そのような状況で、ファンはNHK杯、GPF、そして全日本で中野友加里の「ハッピーエンドのジゼル」を観客席から、あるいは、テレビを通して見ることになりました。スケートアメリカのときよりも、さらに大きな不安とプレッシャーを背負ったジゼルです。個人的にはジゼルではなく友加里ちゃんが必死で頑張っている、という印象が強かったNHK杯よりも、ジャンプで大きなミスはあったにもかかわらず、ジゼルを最後のフィニッシュポーズまで笑顔で演じ続けた全日本のほうが、役になりきるという表現者としての中野友加里の成長をより強く感じました。

とりたてて中野ファンというわけではない人々からもプログラムとして評価の高いこの『ジゼル』、より万全な体調でさらに演技に磨きをかけたものをまた生で見たかったな、というのが正直な気持ちです(実はLA行きの準備をしていました)。今季残る競技会はハルビンで開催されるユニバーシアードのみということで、四大陸および世界選手権は補欠ということになりました。中野選手のユニバ出場は2005年のインスブルック以来です(また南里選手と一緒ですね)。GP2大会で表彰台に上がりファイナルまで行った選手がシーズン後半のISUの選手権大会に派遣されないということに、日本女子選手の層の厚さを改めて感じる結果となりました。

この全日本選手権で中野選手は東京ブロックのときに今季の目標として挙げていた、ショートもフリーも「スピン全部レベル4」を達成しました。スピンに関しては今後も「もっと速く回れることを目標にできたら」とのことです。

なお、今季の中野選手の『ロマンス』と『ジゼル』を世界選手権の舞台で見られなくなったことで、これを惜しむ人々の間では両プログラムを来季に継続してほしい、という声もありますが、この可能性について選手にうかがったところ、それについてははっきりと否定されています。来季に向けての具体的なプランはまだ不明ですが、今季の成長はきっと次の新しいプログラムのための糧になるはずです。ファンとしてはそれを楽しみに新しいシーズンを待ちたいと思います。
[PR]
by smile_yukari | 2008-12-31 22:47 | 管理人より | Comments(6)
Commented at 2009-01-18 16:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pinazow at 2009-01-18 21:33 x
管理人さんありがとうございます。
全日本でのジゼルについて、いろんな思いが頭を駆け巡っています。ただやはり、心が乱れてしまいそうな状況(私から見ると)の中でもスピンを全てレベル4取れること、後半の3Fを前半入らなかったコンビネーションに替えてきたことはさすがと言うか底力のようなものを感じました。そして改めて、友加里ちゃんのスケートが好きだなと心から思った試合でした。
Commented by 雄一郎 at 2009-01-19 01:34 x
TVの画面からでも伝わってくる緊張感。
あの日の感覚は思い出すと今でも胸がぎゅうっと
締め付けられるようです。そして、演技の流れの
中で生まれてくる結果への心配。きっと苦しい中
にいるのは友加里さん本人なのに、それでも忘れ
ずに笑顔を見せてくれました。
応援してるはずの自分が逆に励まされるような感
じで思わずほっとしてしまいました。ありがとう。
友加里さんはきっとまだまだ深い強さをお持ちに
なっているのだろうなぁと私は信じています。

きっと、もっと強くなる
きっときっと・・・

                       雄一郎
**********************
     ☆がんばれゆかりん!☆
**********************
Commented at 2009-01-19 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くー at 2009-01-20 22:25 x
管理人さん、詳しい丁寧なレポートを本当にありがとうございます。感謝します。
今シーズンはファンも色んな思いを経験しましたが、
それでも、ゆかりさんは去年と比べて表現者として進化しましたよね。
ついつい目先の結果にばかり目がいきがちでしたが、
全日本でショートもフリーもスピン全部レベル4というのは素晴らしいですよね!
もともと素晴らしい表現者であったゆかりさんは、今も休むことなく進化を続けている!これは凄いことでは?
今は一般的に「中野選手」といえば全日本の悲しい結果の印象があり可哀想な感じなのでしょうけど、
実は、水面下では確実に進化しているゆかりさんの今後が楽しみでたまらない!とファンは思います(^-^)
ゆかりさんは世界トップレベルの選手ですから。必ずまた世界トップの舞台で魅せてくれるはずです。
Commented by よーこ at 2009-01-21 00:18 x
管理人様のレポでユカリンの全日本での演技を思い出してました。ほんとに万全の状態で今季のプログラムを滑る姿を見たかったです。さぞかし素敵だったでしょう。できたらユニバの演技、テレビでやってほしいですし、世界選手権だって出て欲しい!フィギュアファンは皆そう思ってるはずです。
来季の挑戦へ期待をこめて。。。
まずはユニバで実力をみせつけてほしいですね!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 第24回ユニバーシアード冬季競... 全日本選手権を終えて(ショート編) >>


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(67)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧