中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
COI仙台公演
Champions on Ice ジャパンツアー仙台公演、錚々たる出演者の中でも、中野友加里選手は大きく、そして輝いて見えました。



「信夫先生から連絡があって、9月15日~16日仙台のCOIに出ることになりました」
アメリカ滞在中だった選手にお知らせいただいたのが8月初めのこと、この思いがけないニュースからおよそ1ヶ月半で迎えたCOI仙台公演、中野選手は映画『ムーランルージュ』のストーリーを下敷きにしたオープニングとフィナーレの群舞、そして青い衣装によるMemoirs of a Geishaを披露しました。

荒川さんの『アベマリア』、ランビエールの『四季』の後、というすごい順番で第1部のトリを務めた中野選手、以前生で見たときと比べて、物理的距離は遠いにもかかわらず、この日の演技のほうが大きく見えました。「可愛い」というより「綺麗」。冒頭部分のイーグルをはじめ、ジャンプやスピン、ステップなど、見せ場見せ場で会場からたくさんの拍手や声援をもらっていました。残念ながら16日の公演では脚を高くサイドに持ち上げたスパイラルでぐらついたように見える瞬間があり、私も含めて会場から思わず「あぁっ!」という声がもれましたが、転倒もなく無事(補足1)。その後も動じることなく、全体としていい内容だったと思います。

オープニングとフィナーレの群舞は今回も練習時間は限られていたはずですが、振付もちゃんと入っているようでした。また、ただまじめにきっちり滑るというのではなく、こういうところでゆかりんは、キメます、はっちゃけます、ノリまくります。

オープニングのダンスは、ツアーの演出・振付を担当したスペインのアントニオ・ナハーロ(Antonio Najarro)。アニシナ&ペーゼラ組の振付師としても知られています。ダンスと歌の後にリンクの上に白の日傘とドレス姿でまずアニシナ&ペーゼラとドロビアツコ&ヴァナガスが現れ、彼らに続いて他の出演者が登場。

他のキャストとお揃いの白い衣装のゆかりんは笑顔で踊っています。リンクの上では男性キャストたちが荒川静香さんにアプローチをかけるような演技、続いてランビエール選手のソロで、マキシム・ロドリゲスがThe Show Must Go On。中野ファンにあるまじき遅さですが、実は私はここでようやくオープニング部分の演出がムーランルージュのストーリーをなぞっていることに気づきました。

フィナーレの衣装はキャストごとに微妙に違っていましたが、ゆかりんの衣装はオレンジのビキニっぽいセパレート、アスリートらしく鍛えられたウエストを見せつけつつ、ボトムはひらひらとした短いスカートでかわいらしく(補足2)。『ロクサーヌのタンゴ』にのった、椅子を使った男女ペアでの振付でしたが、中野選手のパートナーは本田武史さん。正直なところ、始まるまではこのメンバーで日本人出演者二人が組んでタンゴというのはちょっと辛くないか? という考えが一瞬よぎったのですが、要らぬ心配でした。ストーリーのほうも荒川サティーンとランビエールクリスチャンが抱き合ってハッピーなエンディングを迎えたようで、東サイドに向けてフレンチカンカンのようにラインダンスする振付もあり、中野選手の楽しそうな笑顔もばっちり見られました。

フィナーレ終了後の退場時、照明が落ちて暗くなったリンクの上に、蛍光塗料が入っていたのでしょう、中野選手の衣装だけふわっと浮かんで見えました。ショーの終わりの幸せな余韻を残すようなその色を見つめながら、中野友加里というスケーターの演技の幅の広さを思い、そしてこの選手にはまだまだ知られていない魅力があるな、と改めて感じました。

映画のキャストで言えば、今回のジャパンツアーは主演が荒川静香さん、相手役の人気若手二枚目がランビエール、それを脇で支えるベテランがペトレンコ、ピンポイントで登場しておいしいところは持っていく友情出演がコーエン……という感じなのですが、そのようなメンバーの中ではまだまだ中野選手はエンドロールに括弧つきで「中野友加里(新人)」と書かれる立場です。その中で自分にできる精一杯の頑張りを見せ、観客を楽しませ、そして選手自身も楽しむことのできた二日間だったのではないかと思います。

荒川静香さんの『アベマリア』は渡米前と後とでは見違えるように変わりました。16日の演技は氷の上を飛んでいるように見え、軽やかで神々しさすら感じました。ショー全体を引き締めるペトレンコの落ち着いた演技、アクロバットで盛り上げるボナリーやベゼディン&ポーリシュクのショーマンシップ、ベレズナヤ&シハルリドゼ、アニシナ&ペーゼラ、ドロビアツコ&ヴァナガスらのドラマ。本田武史さんは地元東北での公演ということもあって、気合十分の演技を見せてくれましたし、ランビエールは彼のスケールに対してリンクが狭すぎて『四季』のステップではちょっと気の毒な気がしましたが、Fix Youで見せる長ーーーいスピンといい、ショーを盛り上げるのに大活躍してくれたそのサービス精神に感謝したいです。

カルガリーでの世界選手権エキシビションで『アメージンググレース』を滑って以降、次々に飛び込んでくるアイスショーの予定をこなし、「魅せる」ための演技の経験を積んできた中野友加里選手は、一人一人がまさにスパークリング・ダイアモンドといっていい豪華な顔ぶれがそろった大舞台にあっても、きらきらと輝いて見えました。その輝きのまま、どうかけがのないように、競技スケーターとしての大舞台にも今シーズン再び立てるよう、頑張ってほしいと思います。

補足1:
後で選手にうかがったところ、「(氷にあいた)穴にはまってしまった」のだそうです。結構危なかったようですが、転倒せずに持ちこたえました。

補足2:
ここでは「オレンジ」と書いていますが、照明の関係でそういう色に見えたようで実際はピンクっぽい色だったようです。

関連:
MSN毎日「チャンピオンズ・オン・アイス2006仙台 フィギュアスケートCOI:トリノの金、銀、銅が日本で初共演」(写真あり)
Sports@niftyフィギュアスケート特集「チャンピオンズオンアイス2006ジャパンツアー仙台公演レポート(1)荒川静香、凱旋!
[PR]
by smile_yukari | 2006-09-23 06:18 | イベント
<< Ask Yukari (10)... 今季NHK杯出場3選手が都内で会見 >>


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(66)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2016年 08月
2015年 11月
2015年 09月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧