中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
グランプリシリーズ中国大会 女子シングルSP
11月10日
BS朝日
解説:佐野稔
実況:角沢照治、森下桂吉

女子シングルと男子シングルのショートプログラムを放送。中野友加里、浅田舞、エミリー・ヒューズの三選手の部分は前日の報道ステーションでの中継映像と同じでした。



今季の中野選手のショートプログラム、Memoirs of a Geisha。選手自身、「気に入っている」というプログラムだそうですが、オフシーズンにアイスショーなどでエキシビションプログラムとして滑ってきただけあって、昨シーズンまでよりも「魅せる」という点でステップアップした演技を見ることができました。

Memoirs of a Geisha(邦題『SAYURI』)は、日本人の目から見て、ややもすると不思議ニッポンな印象を受ける映画です。ハリウッド映画ばかりでなく、フィギュアスケートでも、和ものというのは難しいところがあって、実際、今季の中野選手も最初に作ったショートプログラムの衣装は合わせが逆の不思議デザインの衣装になってしまいました(結局、お母さまが新しく作り直したのが今の衣装です)。

そういう意味で難しいテーマに挑戦しているショートプログラムですが、作品のエッセンスをうまく抽出し、日本人だから演じられる和、自分だから演じられる物語をを表現したい、という選手の意気込みが感じられる内容でしたし、その狙いは成功していると思います。エキシビションプログラムとして見た最初の頃よりも扇の手の動きははっきりしましたし、少し不安そうに目が泳いで見えた東京ブロックのときよりも、スパイラルでの目線使いがしっかりして、COIのときのようなアピール力が戻ってきました。

これはチャン・ツィイーのMemoirs of a Geishaの焼き直しではなく、中野友加里のMemoirs of a Geishaである、という印象を受けています。解説の佐野さんがストーリーを作っている、と評したのもそういう意味でしょう。もちろんまだ細かいところで改善の余地はあるでしょうが、プログラム全体としてこの路線は非常にいい! と感じました。自信をもってやっていってもらえたらと思います。
[PR]
by smile_yukari | 2006-11-10 23:50 | テレビ
<< 頑張れ、ゆかりん!(2006年... 中国カップ2006 女子シングルSP >>


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(66)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2016年 08月
2015年 11月
2015年 09月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧