中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
プログラム
2007-2008
SP: Fantaisie Impromptu by Frédéric Chopin (Yundi Li)
振付:佐藤久美子

FS: Capriccio Espagnol by Nikolai Rimsky-Korsakov
振付:マリーナ・ズエワ

EX1: "Aria" (Saint-Saëns, "Le Cygne") from Aura, a compilation album by various artists; originally included in From My Heart (Giorgia Fumanti)
振付:佐藤久美子

EX2: "Ritornare" from Corteo (Cirque du Soleil)
振付:宮本賢二



2006-2007
SP: Memoirs of a Geisha (注1) by John Williams
振付:マリーナ・ズエワ

FS: Cinderella by Sergei Prokofiev
振付:マリーナ・ズエワ

EX: Claudine by Tonci Huljic (Maksim)
振付:佐藤久美子

2005-2006
SP: "Bolero" from Moulin Rouge! vol.2 by Steve Sharples (Craig Armstrong)
振付:マリーナ・ズエワ

FS: Don Quixote by Léon Minkus
振付:マリーナ・ズエワ

EX: Amazing Grace (Hayley Westenra)
振付:佐藤久美子

2004-2005
SP: "Bacchanalia" from Faust by Charles Gounod
振付:マリーナ・ズエワ

FS: Beatles Medley arranged by Peter Nero

EX: "Cell Block Tango" from Chicago by John Kander
振付:マリーナ・ズエワ

2003-2004
SP: "Prayer for Taylor" from Freedom by Michael W. Smith
振付:デイビッド・ウィルソン

FS: Etude No.12 in C minor, "Revolutionary" Op.10-12 by Frédéric Chopin
振付:樋口美穂子

EX: "Nocturne" from Songs from a Secret Garden by Rolf Lovland (Secret Garden)
振付:樋口美穂子

2002-2003
SP: "Prayer for Taylor" from Freedom by Michael W. Smith
振付:デイビッド・ウィルソン

FS: "Oui, pour ce soir... je suis Titania", Mignon by Ambroise Thomas (注2)
振付:デイビッド・ウィルソン

2001-2002
SP: Perhaps Love by John Denver (James Galway)

FS: Carnival Overture Op.92 by Antonin Dvorak

EX: Happy Valley (Vanessa Mae)

2000-2001
SP: Perhaps Love

FS: Times Square

1999-2000
SP: Flute Battle

FS: Le Grand Tango

1998-1999
SP: Hungaria

FS: "Habanera" from Carmen

曲名表記は、タイトル、作曲者名(by ~)、演奏者名(括弧内)の順です。

【注1】
日本ではSAYURIというタイトルで公開された映画です。

【注2】
フィギュアスケート関連のウェブページや、松岡修造『Stay Gold(フィギュアスケート編)』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2003年)、106ページにも、このプログラムは、Ah Pur Ce Soir from Mignorと表記されています。

クラリネット奏者、リチャード・ストルツマン(Richard Stolzman)のCD『アリア! オペラティックウィンド』(Aria)(BMG、1997年)に、Ah pur ce soir ...Je suis Titaniaという曲が収録されていますので、おそらくこれが使われたCDなのでしょう。

しかし、国内盤でタイトルが「歌劇「ミニョン」~私はディターニアよ(トーマ)」とあるように(ここで「ディターニア」は「ティターニア」の誤り)、この曲は、Oui, pour ce soir... je suis Titaniaというタイトルで知られている曲です。またMignorはMignonの誤りです。

ここでは実際に中野選手のこのプログラムを見ていない、曲を聴いていないひとにもわかりやすいように、Oui, pour ce soirのほうで書いておくことにします。
[PR]
by smile_yukari | 2007-10-30 21:30 | プロフィール | Comments(8)
Commented by アレックス at 2006-10-19 11:32 x
こうして見ると懐かしいですね。02年世界ジュニアSP『Perhaps Love』(振り付け:リー・アンミラー、作曲:F. Chopin?)は今でも記憶に残っています。曲のメロディー、振り付け、そしてのびのびと滑った演技内容は初々しくもさわやかな風を運んでくれて良かったです。非常に素直な気持ちが良く出ていましたね。まさに年齢相応の、等身大の演技に好感を持ちました。なによりもメロディーがとてもかわいらしい・・・また観てみたいですね。

少しマイナーチェンジした振り付けで、成長した姿が反映されるような演技内容をEXなどでやらないかな~。(笑)
特にスピンの後に両手を組むシーンや足をあげたノーマルスパイラルはいいですね。要所、要所でスマイル魅せながらもやさしい気持ちで、最後は長めのドーナツスピンで静かにしめてくれる。そして、いつまでもあのメロディーが心に残る・・・。

想像すると楽しいですね。(^^
Commented by きら at 2006-12-04 13:46 x
こんにちは!
質問です。
友加里さんが昨シーズンフリーで使っていた「Don Quixote」、今シーズンの「Cinderella」は、どのCDにはいっているでしょうか?
友加里さんが使っている曲を是非聴きたくて!
教えていただけないでしょうか?
Commented by サマンサ at 2007-02-16 15:18 x
02年ショートのPerhaps Love(振り付け:リー・アンミラー、作曲:F. Chopin)のCDを探しております。教えていただけないでしょうか?
Commented by smile_yukari at 2007-02-24 00:56
きらさん

お返事遅くなりまして申し訳ありません。私の場合、選手の使用プロに近いかどうかはあまりこだわらずにとりあえず全曲入っているのを買ってしまうので、『ドンキホーテ』はNAXOSから出ているNayden Todorov指揮Sofia National Opera Orchestraの版、『シンデレラ』はDeccaから出ているVladimir Ashkenazy指揮Cleveland Orchestraの版を持っています。もっと他にお得なのはあるかもしれません。
Commented by smile_yukari at 2007-02-24 00:57
サマンサさん

イギリスのフルート奏者のゴールウェイ(Sir James Galway)の3つのアルバムに、Perhaps Loveが収録されています(http://www.thegalwaynetwork.com/newdisk.htm)。

Greatest Hits (1988)
The Wind Beneath My Wings (1991)
Love Song (2001)

すべて聞き比べたわけではないので、実際に使われた音源がどれかはわかりませんが、Love Songに入っているものを聞いてみたところ、この方の演奏でほぼ間違いないと思います。作曲者名はゴールウェイのサイトにデンバー(John Denver)とありました。『カントリーロード』で有名な方ですね。デンバーの公式サイト(http://www.johndenver.com/)のディスコグラフィーにもこの曲はデンバーが作曲したものだとあります。
Commented by ごま at 2007-03-30 12:53 x
Claudine の 楽譜を入手してフルートで個人的に演奏したいですが、Claudine  の 楽譜の入手方法を御教えください。
Commented by smile_yukari at 2007-03-31 17:19
『癒しのピアノ名曲コレクション ピアノソロ』(ドレミ楽譜出版社、2003年9月 ISBN:978-4-8108-4176-3)に、Claudineが収録されています(作曲者名はTonci Huljicです)。但し、現時点で絶版になっていますので図書館等で探してみてください。
Commented by アレックス at 2007-04-30 05:50 x
またまたヒット作が出た予感!
『セル・ブロック・タンゴ』、『アメイジング・グレイス』、『クロディーヌ』・・・
それぞれ、衣装と曲がよくマッチしていて、雰囲気と演技内容とのバランスも良いですね。それぞれ味があってどれも忘れられないEXです。そして、今回の『コルテオ』も。きっとこれから更なる魅力を引き出してくれることでしょう。これからの滑り込み、大会毎に少しずつマイナーチェンジした振り付け、期待したい。楽しみにしています。

09-10シーズンでよいので、あの白い衣装でEX版『シンデレラ』、やってくれないかなあ~。(笑)
インカレの時の髪型、衣装できっとピンスポで映えることでしょう・・・出来れば今シーズンのフリーで使用した曲のラスト、その後幸せをつかむシーンを盛り込んでほしい。いつまでも心地よい時間が過ぎていく、そんなシーンを拝めることが出来るといいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スケートカナダ公式フォトギャラリー スケートカナダ2007 予定3 >>


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(67)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧