中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
GPF 女子フリー(15日)
12月15日
21:25~(16日05:25~) 女子フリー

※括弧内は日本時間。

女子フリー結果 詳細

中野友加里選手、ファイナルでも3Aを決めました! 残念ながら順位としてはコンビネーションとなる予定だった3Tでの転倒が響き、フリー5位、総合順位5位となりました。とは言え、転倒の後のジャンプを急遽3連続にしてくるなど、持ち前の「根性」を見せた内容でした。

関連:
青嶋ひろの「グランプリファイナル2007 女子シングル終了 中野友加里5位」(17日・Sports@niftyフィギュアスケート特集)
中野最高、トリプルアクセル成功5位 自己ベスト172.96(17日・中日スポーツ;写真あり)



Yukari NAKANO (JPN)
TSS: 113.18
TES: 59.06
PCS: 55.12 (SS: 7.05 / TR: 6.70 / PE: 6.95 / CH: 6.85 / IN: 6.90)
Deduction 1.00
3A連続認定を果たした中野選手は、ショートに続いてSSで7点台にのせてパーソナルベストを更新、総合172.96点をマークしています。

ショートプログラムに引き続いてフリーのレポートをしているArt on Iceでは、中野選手のトリプルアクセルの質を評価した上で、3F2T、3Lz、3S、3Fと降りたこと、3T2T2Loのコンビネーションとする予定だった最初の3Tで集中が途切れ、転倒してしまったものの、それでもその後に3S2T2Tと3連続にしてきたことを伝えています。その上で、「ナカノのプログラムは、本当にほれぼれするようなスピンによって美しく飾られていた(Il programma della Nakano è impreziosito da trottole davvero stupende.)」と結んでいます。

関連:
Finali GP, libero donne: soffia forte il vento dell'Oriente con Kim e Asada, bronzo tricolore per Carolina (15日・Art on Ice)

フリー後の選手の談話では、今大会で決めたトリプルアクセルは「今までで一番きれいに決まった」ことで「気持ちがよかった」、「演技点で7点台も出たことはよかった」と満足した感想を述べる一方で、「とりこぼしもあり、ささいなミスが落とし穴になることも身に染みて分かった」、「普段は失敗しない3回転トーループの転倒が残念」と反省点も挙げ、「きょう、きのうくらいの演技ができれば、今の時点でそれ以上望むことはできない。(全日本選手権では)自分の持っている範囲で力を出したい」と語っています。

平松純子・日本スケート連盟フィギュア委員長の言葉として、時事通信は「中野はすごくよかった」、スポーツ報知では「中野さんも3回転半を成功し、誰もトライしていないことを2人が跳んだことで日本の女子はすごいことをアピールできたと思う」という談話を紹介しています。

(16日追記)
今季前半の中野選手はスケートカナダもカップ・オブ・ロシアも僅差で競る厳しい試合が多かったのですが、ファイナルも同様となりました。映像で演技を見て、これで5位なんだ、というのが正直な感想です。順位こそ前回のファイナルより下になってしまいましたが、技術的な要素ばかりでなく、表現力の部分でも中野友加里というスケーターの成長を再確認させる内容だったと思います。

ファンファーレを背中に従えるようにして跳ぶ、本当にかっこいい今季のトリプルアクセル、中でも今大会のトリプルアクセルは解説の荒川静香さんがコメントされていたように、加点してほしいアクセルでした。「力が入りすぎていた」という後半の3Tの転倒でコンビネーションが1つなくなってしまったのは確かにもったいなかったですが、評価すべきはそのミスの後のリカバリーです。ステップをしっかりこなして(レベル3)、さらにその後の3Sからのコンビネーションを2連続の予定から3連続に変えてきたところは、まさに「根性」、少しでも上へ、少しでも点を稼ごう、という気迫を感じました。負けず嫌いの友加里ちゃんのことですから、この悔しさをバネにまた次の試合に臨んでくれると思っています。

スペイン風の振付もこなれてきて、動きに勢いが出てきました。青嶋ひろのさんが指摘しているドーナツスピンでの手の使い方、フラメンコで踊る今季のランビエールのスピンでの手の使い方にも共通しているのですが、このしゅぱっと直線的に挙がるところが、SPでの曲線的な動きと好対照をなしていて、かっこいいのです。また、昨季の『SAYURI』で磨いた眼力を生かせるのがこのフリーです。相手を寄せ付けない強さを眼力でアピール、手首や肘を効果的に使った上体の動きとあわせて、緩急をつけながらさらに強く、見る者を魅きつける演技を、シーズン後半の中野選手には期待したいです。

関連:
収穫多かった中野=フィギュアGPファイナル(16日・時事通信)
フィギュアGPファイナル・談話(16日・時事通信)
中野、転倒で表彰台逃す(16日・スポニチAnnex)
中野友加里 GPシリーズ・ファイナルで5位に終わる(16日・AFP BB;写真あり)
「力入りすぎ」 中野失速5位 フィギュアGPファイナル(17日・朝日新聞)

16日:MSN産経/時事毎日/共同スポーツ報知

女子フリー滑走順
  1. 浅田真央 (JPN) 59.04
  2. Kimmie MEISSNER (USA) 59.08
  3. 中野友加里 (JPN) 59.78
  4. Carolina KOSTNER (ITA) 59.86
  5. Caroline ZHANG (USA) 61.82
  6. Yu-Na KIM (KOR) 64.62

[PR]
by smile_yukari | 2007-12-17 06:53 | ニュース
<< GPF エキシビション(16日) GPF 女子ショート(14日) >>


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(66)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2016年 08月
2015年 11月
2015年 09月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧