中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
カテゴリ:その他メディア( 33 )
中野&アンドレーエフのサイドバイサイド3A
既にご存知の方も多いと思いますが、中野友加里選手が今季新プログラムの振付で渡米した折(2008年5月)に収録されたYouTube動画があります。

YouTube
Yukari Nakano and Fedor Andreev side by side triple axels
uploaded by FedorAndreev on May 28, 2008.

中野友加里選手がカナダのフェドール・アンドレーエフ(マリーナ・ズエワの息子さん)とサイドバイサイドでトリプルアクセルをやっているこの動画、フェドールも友加里ちゃんもずいぶんと楽しそうなのがうかがえます。中野選手にこの動画の裏話をうかがってみました。

More
[PR]
by smile_yukari | 2008-08-16 09:27 | その他メディア | Comments(9)
キャプテン川淵の行こうぜオレ達のニッポン!
キャプテン川淵の行こうぜオレ達のニッポン!
ニッポン放送
5月19日18:25~18:45
6月2日18:25~18:45

中野友加里選手がラジオに出演しました。パーソナリティは川淵キャプテンこと日本サッカー協会の川淵三郎さん。

■6月2日放送分
川淵C: この番組はトリノ前に荒川さんが出演 その後、金メダル 縁起のいい番組


競技会のほうが好き 
ショーも楽しいが、今のところ荒川さんのようにプロスケーターになることは考えていない
日々練習することはすごくつらくて大変なんですけど
それをやりおえたときの達成感があるからこそ
練習して試合に出るのが好き
今のところ(将来の夢として)あまりショーには興味がない
世界選手権ではメダルがとれなかったので来シーズンめざしたいと思います

大学院
勉強は嫌いではないですし、2年後にバンクーバーをひかえているのでそれまでスケートを続けようかなと思っているので
スケートだけでなく勉強もやっていく
文武両道 スケートも勉強もがんばったと言われたい
人間科学研究科所属 教育開発論
自分のスケートについて研究しようかなと思っている

昨シーズンはバレエの先生について基礎から学ぶようにしました
演技の勉強のために舞台などは見に行く

川淵C:荒川さんと草刈さんの手の長さ 表現者として有利?
身長、手の長さ 関係ある
外国人の選手にまじってしまうと小さいので少しでも大きく見えるように
威嚇するような感じで滑りなさいといわれる

川淵C:うまい選手は大きく見える
意外とちょっと小柄だなあと思った
マラドーナ

大学に入ってからはけがなどの防止のために週1日はお休みするように
大学院進学で学校にいく機会が少しだけ増えた

長時間スケート靴をはいていると しびれてきたりする
長くはかずにちょこちょこ脱ぐ
終わったあとはストレッチなどして気をつける
川淵C: スパイクシューズを脱いだときの開放感
足の捻挫は多い なかなか治らないので選手は悩んでいる

サッカーは好き
テレビでもよく見ますし、スケートリンクのそばにスタジアムがあるので
試合の日はすごい人 テレビで見る
昔はよく見ていた 最近はだんだん世代交代していてわからなくなってしまった
みなさんイケメンで 技ではなく顔に目がいく(笑)

カフェでお茶したり本読んだりして過ごすのが好き スケートの友達と
フィギュアスケートは先輩後輩がそんなに厳しくないのですごく仲良し


結果はもちろん大事
少しでも心に残るような、何年かあとにあんな選手いたね、中野友加里っていたねって
記憶に残るようなスケーターに

川淵C:オリンピックのメダル目指して頑張って

More
[PR]
by smile_yukari | 2008-06-02 22:10 | その他メディア | Comments(3)
一期一会(一休.com)
宿泊予約サービスを行なうウェブサイト、一休.comのウェブマガ『一期一会』の「マイ・スポーツライフ」のコーナーに中野友加里選手へのインタビューが掲載されています。タイトルは「記憶に残るスケーターになりたい」。取材はイェーテボリの世界選手権前に行なわれたもので、4回シリーズです。

マイ・スポーツライフ第14回
「記憶に残るスケーターになりたい 中野友加里」
5月7日
5月14日
5月21日
5月28日
[PR]
by smile_yukari | 2008-05-26 06:20 | その他メディア | Comments(1)
斉藤一美うるわしの夜(文化放送;2回目)
4月17日17時57分~19時、文化放送のラジオ番組「斉藤一美うるわしの夜」に中野友加里選手が出演、同番組に再登場しました。

文化放送の携帯番組サイトに斉藤一美さんによる「フィギュアで不惑」の記事があり、スウェーデンでの世界選手権を受けて、帰国後の中野選手に今回2度目の出演をオファーした経緯が書かれています。

前回同様、ぽんぽん会話が気持ちよく進み、「魅惑のドーナツスピン、フィギュアスケートの中野友加里です!」で始まり「ど根性シンデレラ、フィギュアスケートの中野友加里選手でした!」で終わるトークでした。個人的にはお母様特製の「鍋つかみ」と「鍋しき」までチェックを入れていた斉藤さんがツボでした(笑)。

4月19日追記:
文化放送のポッドキャストコンテンツ、PodcastQRに「斉藤一美うるわしの夜」が追加され、オンラインで今回の中野選手出演部分の放送内容を聞くことができます

番組関係者の皆様、配信どうもありがとうございます! ポッドキャストであればいいのになぁ、と前回の放送を聞いて思っていたので、とても嬉しいです。

というわけで、放送エリア外のゆかりんファンの方が聞けないことを前提で、当ブログでは内容紹介をさせていただいていましたが、該当部分は外します。

関連:
斉藤一美 うるわしの夜 浜松町トゥギャザー(文化放送) new!
中野友加里は抜かりない!(斉藤一美「一美のはだかのオレ様」2008年4月18日、文化放送) new!
マジメだよなぁ、中野友加里って(斉藤一美「一美のはだかのオレ様」2007年11月25日、文化放送)
斉藤一美うるわしの夜(文化放送)(Go, Yukarin!)

More
[PR]
by smile_yukari | 2008-04-19 07:04 | その他メディア | Comments(6)
クールな氷上の職人(日本経済新聞)
クールな氷上の職人 フィギュアスケートコーチ佐藤信夫氏(人間発見)
2008年3月17日、18日、19日、21日付
日本経済新聞夕刊
聞き手:芦田富雄

イェーテボリの世界選手権を前に行われた、中野友加里選手のコーチ、佐藤信夫先生へのインタビュー(4回)です。

More
[PR]
by smile_yukari | 2008-03-21 23:57 | その他メディア | Comments(0)
Golden Skateインタビュー(2002年11月)
フィギュアスケートサイト、Golden Skateに、2002年、スケートアメリカでのトリプルアクセル成功で注目を集めた中野友加里選手へのインタビュー記事(英文)があります。

写真と本文はSkate Todayというサイトも持っているJ・バリー・ミッタン(J. Barry Mittan)さん。2007年のスケートカナダでミッタンさんとお話をした際に、この過去の記事の翻訳についても許可をいただきましたので、以下に和訳を掲載します。
Yukari Nakano: Triple Axel Makes Nakano a Contender
November 02, 2002
Article and Photo © Barry Mittan

More
[PR]
by smile_yukari | 2007-12-21 13:32 | その他メディア | Comments(0)
中野友加里が世界の表彰台に上るためには
スポーツナビに青嶋ひろのさんが今回のグランプリファイナル出場3選手についてそれぞれ記事を書いています。中野友加里選手についての記事のタイトルはずばり「中野友加里が世界の表彰台に上るためには」。

関連:
青嶋ひろの「中野友加里が世界の表彰台に上るためには グランプリ・ファイナル」(17日・sportnavi)

技術的には3回転-3回転を入れること、表現の面では演技や振付をもっと見せること、という内容ですが、直前の全日本選手権に向けてはとにかく連戦の疲れをとること、そして気持ちをしっかり持つことだと思います。これまでやってきた自分の力を信じて、試合に臨めば結果はついてくるはずです。
[PR]
by smile_yukari | 2007-12-18 00:33 | その他メディア | Comments(1)
JapanSkates Interview at Skate Canada
JapanSkatesのマーク・スティーヴンスさんの許可のもと、2007年11月、スケートカナダの際に行なわれた日本女子シングル3選手に対するJapanSkatesのインタビューのうち、中野友加里選手への質疑応答の全文を翻訳させていただけることになりました。原文(英語)はこちら。

This is a Japanese translation of the transcript of Mark Stephens' interview with Yukari Nakano at Skate Canada in November 3, 2007. The original text written in English has pictures.

11月3日 スケートカナダ
JapanSkatesによる中野友加里へのインタビュースクリプト

Transcript of JapanSkates' interview with Yukari Nakano at Skate Canada, November 3.
by Mark S., (c) JapanSkates 2007.

11月1日木曜日、コリゼペプシに到着したジジと僕が最初にしたことは、日本チームへのインタビュー依頼をとりつけることだった。プレスの一員として僕たちにはインタビューを申し込む権利があったが、それには当然のことながら日本代表団の許可が必要だった。翌日、僕は日本代表団から許可がおりたことを知らされ、インタビューは土曜の夕方、女子のフリーが終わりエキシビションのリハーサルが始まるまでの間に行われることとなった。僕たちには友加里と奈也はそれぞれ15分(写真撮影とサインをもらう時間も含めて)、ひっぱりだこの真央は10分程度という時間制限があった。僕たちはあらかじめ用意していた質問を最も重要なもののみに切り詰め、彼女たちと会うのを楽しみに待った。

Yukari had come off a wonderful free skate in which she landed a triple Axel, which seemed to be lost on the majority of the audience (including myself at the time), as it was rotated so quickly it really looked like a double! Upon checking the results immediately following the competition, I learned that she had indeed landed the triple. As she had already fielded questions from other reporters about the technical aspects of her program, I decided to move on to other questions. I have included her statement from the press conference following the free skate at the beginning of the transcript.

We were fortunate to have Akiko, the official interpreter of the Japanese team at this event, serve as translator for all three interviews. I have put Yukari's answers in italics when she speaks through Akiko and in regular type when she speaks English herself.

JS: Japan Skates
YN: Yukari Nakano

Press Conference: Yukari was asked to make a statement about her performance in the free skate.

YN: I really felt the pressure to get to the final since it was a Grand Prix and also I was competing for Japan so there was pressure coming in to this competition. I was not happy about how I skated in the short program, but for the free program I think managed everything I was able to do, and learned things that I need to work on, and can feel better going into the next competition.

JS: Thank-you for doing the interview, your second interview with us. Congratulations on the silver medal... how do you feel about your performance in this competition?

YN: Good, and very happy that I won the silver.

JS: You skated after Joannie twice, in the short program and in the free skate. There was tremendous applause for Joannie. How did that affect you? How did you deal with that both times?

YN: I had a lot of pressure and was nervous. So it was really difficult to skate after Joannie.

JS: How do you normally deal with pressure at an event like this?

YN: Concentration and focus.

JS: I know that that you changed your short program to Fantaisie Impromptu? What went into that decision?

YN: It was difficult for me. I think that the first program was really difficult to skate to.

JS: Was it your decision to change the short program?

YN: It was Mr. and Mrs. Sato's decision.

JS: You were not very happy with your performance in the short program. How do you recover from a poor performance and get ready for the next day?

YN: At first, I forget the short program and I say "This is the end of the short, this is it. It is separate." So in the free, I have a change of mind. After short program I just want to be focused to do best for free program.

JS: Do you do that quickly after the short program? How long does it take?

YN: I just need an overnight sleep.

JS: I saw that you received level 4 spins during the short program in this competition. What in particular are you working on this year to improve? You received the highest technical score in the free program.

YN: I want to improve all five components.

JS: Was there a low score this weekend that surprised you, that you'll now need to work on?

YN: I was rather surprised that they were all high. I was surprised in a good way at most of the marks.

JS: Do you have a goal this season in terms of score or placement?

YN: I want to reach the World Championships, rather than a score.

JS: What is a typical day like in your training?

YN: I start skating at 6:00 am, and I'll skate for three to four hours per day. Also, I do floor training two days a week with a special trainer. Then I'll go home and I'll study for school.

JS: Is there a special diet you follow?

YN: I've started cooking for myself lately, and I try to have balanced meals. Mainly Japanese food.

JS: Let's talk about school a little bit. I've heard that you were accepted to Waseda University graduate school. Can you tell us what you plan on studying?

YN: It's educational psychology. My thesis is about motivation.

JS: How long is the program?

YN: It's for two years.

JS: And how will you balance skating and school throughout this time?

YN: I will spend the hours that I'm not skating to the studying as much as possible.

JS: When I talked to you a year ago, the main topic was disappointment at being left off the Olympic team in Torino. I've heard that you are now planning on continuing to the next Olympics in Vancouver. Can you describe why you made the decision, and maybe your new perspective?

YN: I haven't really made a formal announcement that I will continue to Vancouver but since I've been accepted into graduate school, which is going to be two more years, it seems like I'm going to continue eligible for two more years. And it looks like so many people are having a good expectation for my skating life, so I'm hoping to reply to those good expectations! Listen to Yukari

JS: How have you enjoyed your trip to Quebec City? Is this your first trip to French Canada?

YN: I've been to Montreal before. This is a beautiful town, and I think it's a wonderful city for tourists.

JS: Do you have a new message for your fans?

YN: I don't know if I can always skate a perfect program, but the support from my fans really feeds my energy and I ask that my fans continue to support my skating.

After this, we had Yukari sign autographs for us and the site, and we presented her with the official Japan Skates T-shirt and baseball cap, pictured below. We thanked Yukari for agreeing to this second interview (joining Yoshie as the only skater to interview for us twice!) Immediately following the session, Nana walked into the room and we began the second of our three consecutive interviews.

関連:過去のJapanSkates翻訳記事(Go, Yukarin!)
[PR]
by smile_yukari | 2007-12-01 01:51 | その他メディア | Comments(0)
JOC "ANOTHER HERO"
日本オリンピック委員会(JOC)公式サイトの連載・読み物のコーナーに「ANOTHER HERO:トップアスリートを支えるもうひとりのヒーロー」として、鈴木スケート(大阪市東成区)の鈴木武彦さんへのインタビューが掲載されています(初出はJOC広報誌「OLYMPIAN」vol.1、2007年)。

関連:靴が足にしっかりフィットしているかどうかが大切(鈴木武彦)

More
[PR]
by smile_yukari | 2007-10-15 12:40 | その他メディア | Comments(0)
スケカナ、ネット中継あり
中野友加里選手が出場するISUグランプリシリーズ、スケートカナダ。日本ではテレビ朝日の地上波で男女シングルの放送が予定されていますが、スケカナ公式サイトの情報によると、cbcsports.caのサイトで全競技が生で見られるようです。ところが、早速このサイトで動画を確認してみたところ、表示されたのは「申し訳ありませんがお住まいの地域ではこのビデオはご利用になれません」の意味の英文。おそらくカナダ国内向けのサービスで、それ以外の地域からの閲覧は制限されているようです。もっとも、グランプリシリーズについても同じ措置がとられるかどうかはわからないので、一応メモとして書いておきます。
[PR]
by smile_yukari | 2007-10-09 11:22 | その他メディア | Comments(0)


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

コメントは承認制となっています。当ブログにおいて不適切と判断したコメントは削除させていただきます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(151)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(66)
(54)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(14)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧