中野友加里応援ブログ Yukari Nakano Fan Blog Go, Yukarin!
第2子誕生です
中野友加里さんから嬉しい報告が届きました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。いつも応援ありがとうございます。
4月22日(日)、元気な女の子を無事に出産しました。陣痛からわずか1時間半での出産となり、私自身も驚きましたが、産後の経過もよく、新たな家族が増え今後の生活が楽しみです。母としても成長すべく今まで以上に頑張ってまいります。
f0058171_02485281.jpg
皆さまには多くの応援をいただきとても励みになりました。改めて感謝します。今後ともよろしくお願いいたします。
f0058171_02492276.jpg
長男に続いて今回もお世話になった岩田病院の院長との写真です。とても優しい先生で親身になってお話を聞いてくださり、安心して出産に臨めました。
中野友加里

これらの写真の掲載にあたっては、中野友加里さん御本人の許諾を得ています。これらの画像の無断複製、転用、直接リンクなど一切を禁じます。Photo courtesy of Yukari Nakano. Any kind of reproduction and reuse is prohibited.

4月30日追記
4月29日のデイリースポーツオンラインに、中野友加里さんが第2子出産「元気な女の子を無事に出産しました」が掲載されました。

中野友加里応援ブログ内の関連記事:
とことことん(2018年1月)

# by smile_yukari | 2018-04-29 17:00 | メッセージ | Comments(3)
朝日カルチャーセンター横浜「フィギュアスケートの魅力」
3月3日、「平昌五輪の徹底解説とフィギュアスケートの魅力」と題された講座を聴いてきました。担当講師はもちろん中野友加里先生です。横浜駅に到着するとすぐのルミネ8階に会場の朝日カルチャーセンター横浜教室はあります。

立川での講座と内容が重複する部分があるかもということでしたが、横浜では「平昌五輪の徹底解説」の看板どおり、平昌五輪に出場した男女シングルの日本代表各選手や海外の有力選手たちにスポットを当てながら、ジャッジ目線で彼らの演技がどのように評価されるかを説明、ところどころ元選手として正直な感想も交えつつ、フジテレビの社内で(小塚崇彦さんもいらしたということなのでおそらくこのときと思われます)テレビ観戦していたときの反応なども挟んで、という具合にオリンピックのフィギュアスケートを振り返るものとなりました。

後半にはフィギュアスケートの魅力として、プログラムの選曲や衣装選び、靴の進化、コーチの重要性などについて、自身の経験や同時代に競い合った選手たちの例を挙げながら解説がありました。ジャッジとして採点しているときには、選手が実施したつなぎの動作をこんな風にメモしています、とホワイトボードに実際に書いてみせてくれたりも。

質疑応答で印象的だったのは、イエテボリワールドの中野友加里選手の演技の評価についての質問で、質問者の方は途中から感極まって涙声に。現地で観戦していた自分としては当時を思い出してもらい泣きしそうになりましたが、ご本人の答えはゆかりんらしい、きっぱりとしたものでした。

講座の最後に朝日カルチャーセンターの担当者の方から、9月に立川教室で中野友加里さんの講座が予定されている旨、告知がありました。詳しくは正式に講座案内が出次第、当ブログでもご紹介しようと思います。
f0058171_06431691.jpg
この写真の掲載にあたっては、中野友加里さん御本人の許諾を得ています。この画像の無断複製、転用、直接リンクなど一切を禁じます。
Photo courtesy of Yukari Nakano. Any kind of reproduction and reuse is prohibited.

4月に第2子出産予定ということで、おなかもだいぶ大きくなっていました。講座の後はご夫妻で仲良くお食事に行かれた模様。

# by smile_yukari | 2018-04-24 06:53 | イベント | Comments(0)
中野友加里、引退後の選択と決断
ウィズニュースに中野友加里さんのセカンドキャリアに関する記事が掲載されました。

2018年3月6日
2018年3月12日

前編と後編からなる一続きの記事です。著者の小野ヒデコさんは今年の2月に元サッカー選手のセカンドキャリアについても記事を書かれているようです。平昌五輪シーズンということもあり、元フィギュアスケート選手で現在はテレビ局勤務という経歴の友加里ちゃんに取材されたのかもしれません。

中野友加里さんの現役時代を思い返すと、実際には「スケートしかやってこなかった」わけではないことに気づきます。フィギュアスケーターとして内外の競技会に出場する一方で、大学・大学院での学業・研究と両立させながら、体育会スケート部では主務や主将を務めていました。eスクールで学びながらコンピュータスキルも身につけ、情報科の教職課程までとっていました。親元を離れた生活で家事を覚え、料理は教室にも通っていました。こうしたことで得られた経験や知識は、テレビ局での仕事や本の執筆、結婚して働きながらの子育て、といった友加里ちゃんの現在に確実につながっています。

そう考えてみると、中野さんにとって競技を引退したあとのキャリアとは、突如全く何も知らない世界に飛び込んだわけではなく、既に現役時代から少しずつ形成されてきたものだと言えます。近年ではセカンドキャリアに代わってデュアルキャリアという言葉も耳にするようになりました。立川での講座でも、さりげなく現役時代にやっていて社会人になってから役立っていることについて触れていましたが、今まさにスケートと学業とを両立して頑張っている若いひとたちに響くであろう言葉を、中野友加里というひとはまだ持っているし、それを伝えられるような機会があればいいなと思うのです。

なお、現在の中野友加里さんのフジテレビの所属部署は記事内にもありましたがより詳しくは、週刊朝日(2018年2月21日)によると、スポーツ番組の予算管理などを行う「スポーツ局スポーツ業務推進センタースポーツ業務部」だそうです。長い(笑)。

# by smile_yukari | 2018-04-24 04:00 | ニュース | Comments(0)
Trace on Ice
平昌五輪に合わせて出た男子フィギュアスケートのムック本、Trace on Iceに中野友加里さんと小塚崇彦さんの対談が掲載されています。題して「託したい、フィギュアスケートの未来」。

「友加里ちゃん」「崇ちゃん」による対談というと、最近では『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』のトークショーもありましたが、今回は平昌五輪の特に男子シングルに焦点をあてた内容となっていて、自分たちの現役時代との違い、四回転とケガの問題、注目選手、五輪金メダリストに二人が期待すること、などについて6ページにわたって語っています。

個人的に不意打ちをくらったのが、この対談の少し前のページに掲載されている、毎日新聞運動部デスクの来住さんのコラム。ここでは記者の側から見たソチシーズンの小塚崇彦選手、そして男子ムックにもかかわらず、バンクーバーシーズンの中野友加里選手について書かれています。このコラムの結びの部分は、ジャパニーズパワーハウスとして日本の男女シングルの層の厚さを支えながらも夢叶わなかったスケーターたちを今でも応援し続けている人々に共通する想いだろうなと思います。

来住哲司「代表において実は重要な「第三の男」ソチ五輪で落選した小塚崇彦の悔しさ」(pp. 60-61)
青嶋ひろの「平昌目前対談 中野友加里×小塚崇彦 託したい、フィギュアスケートの未来」(pp. 72-77)
Trace on Ice
2018年2月8日発行 双葉社
ISBN 9784575457346
1200円


# by smile_yukari | 2018-02-10 02:10 | 書籍/雑誌 | Comments(0)
平昌五輪の徹底解説とフィギュアスケートの魅力
中野友加里さんが朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8階)で講師を務めます。

3月3日(土)18:30~20:00
会員 3240円 一般 3888円

会場で『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』の販売とサイン会も予定されています。朝日カルチャーセンター立川教室の「中野友加里が語るフィギュアスケートの魅力と平昌五輪の展望」の感想はこちら。横浜教室では平昌五輪を振り返る内容となります。

本講座のリーフレット画像を提供していただきました。
f0058171_05221466.png

(朝日カルチャーセンター横浜教室)

# by smile_yukari | 2018-02-08 05:08 | イベント | Comments(0)
朝日カルチャーセンター立川「フィギュアスケートの魅力」
1月27日、ルミネ立川にある朝日カルチャーセンターへ「中野友加里が語るフィギュアスケートの魅力と平昌五輪の展望」を聴きに行ってきました。会場に入ると、左手には講師用のモニタ、正面にはスライドを映すスクリーン、右手にはSAYURIの紫衣装とスペイン奇想曲の衣装が展示されています。

近著『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』をベースに、ゆかりんらしいはきはきとした講演でした。フィギュアスケートのさまざまな側面について、ホワイトボードで図解したり写真や映像で実際に比較したりと、視覚的に説明していたのでわかりやすかったです。選手時代のエピソードには初めて聞くようなお話もあったり、実例に友加里ちゃんの現役時代の写真が使われたりしていて、ファンにはとても楽しい時間になりました。
f0058171_03290603.jpg
この写真の掲載にあたっては、中野友加里さん御本人の許諾を得ています。この画像の無断複製、転用、直接リンクなど一切を禁じます。
Photo courtesy of Yukari Nakano. Any kind of reproduction and reuse is prohibited.

写真は講座終了後のサイン会を終えた中野友加里さんです。春に第2子出産予定ということでおなかがふっくら。『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』について取材を受けていた日経の記事(2017年10月21日付「あとがきのあと」)にもあったように、平昌オリンピックはテレビで観戦予定です。

3月3日には朝日カルチャーセンター横浜教室で「平昌五輪の徹底解説とフィギュアスケートの魅力」が決まりました。立川ではあれもこれもと欲張りすぎて時間が足りなくなって最後駆け足になってしまった、と反省していたゆかりん先生、早速スライドを手直しして横浜も大きなおなかで頑張るそうなので、お近くの方もそうでない方も是非お越しください。ゆかりんファンなら楽しいことうけあいです。

# by smile_yukari | 2018-02-08 05:07 | イベント | Comments(0)
フィギュアスケートLife
フィギュアスケートLife vol.12のマイ・ターニングポイント・プログラムのコーナーに中野友加里さんのインタビューが掲載されています。フィギュアスケーター中野友加里、と聞いて、多くのひとが思い起こすであろうプログラムたちーーアメイジング・グレイス、SAYURI、スペイン奇想曲ーーについて語っています。さらに、最後の全日本とMOIの思い出話に火の鳥とハレムの写真が添えられています。

「文・長谷川仁美 写真・浅倉恵子」の文字が懐かしく嬉しいです。発売前に長谷川さんがツイッターで「全日本選手権に関して、小塚くんの連載と、中野友加里さんのインタビューで、胸が…」と書かれていたこともあり、これはもしかして古傷をナイフでぐりぐりえぐられてしまう記事なのか!? と読む前は正直不安を感じたのですが、うまいこと話題が切り替わってさばさばと展開しているので読みとおすことができました。

浅倉さんの撮られた美しい友加里ちゃんの写真とともに是非お手元に。ゆかりんファンなら買いましょう。ランビエールや小塚崇彦さん、神﨑範之さんの記事などもあって、中野友加里リアルタイム世代にも優しい内容となっています。先日の小塚さんとのトークイベントのときに「中野さんの現役時代を知らない」という方がいらして、時の流れをひしひしと感じたのですが、そんな方にもこういうスケーターがいたんだな、と、この記事をきっかけに興味をもっていただけるといいなあと思います。

フィギュアスケートLife vol. 12
ISBN 978-4-594-61236-8
扶桑社MOOK
2017年12月20日


# by smile_yukari | 2018-01-02 21:00 | 書籍/雑誌 | Comments(0)
とことことん
JR西日本の子育て中ファミリー向け無料情報誌『とことことん』の冬号に中野友加里さんのインタビューが掲載されました。とことこインタビューというコーナーで、現在、働くお母さんな中野さんが子育てとフィギュアスケートの魅力について語っています。

なお、ページ右下、中野さんが笑顔で抱きあげているこの男の子は撮影用のモデルさんではありません。友加里ちゃんの息子さんです。この頃と比べて大きくなりました!

『とことことん』はJR西日本の主要駅などで無料配布されています。入手の難しい方はウェブで閲覧できます

この冬号には京阪神エリアを中心に家族で楽しめるスケートリンクやスキー場、雪遊びなどおでかけスポット案内も掲載されています。個人的には京都鉄道博物館のコーナーが読み応えがありました。切符の発券や自動起床装置など、駅員さんのおしごと体験ができるとかなんともうらやましいです。

とことことん 2017冬号 vol.25
企画:西日本旅客鉄道株式会社
発行:JR西日本コミュニケーションズ
編集:サンケイリビング新聞社

# by smile_yukari | 2018-01-02 20:16 | 書籍/雑誌 | Comments(1)
フィギュアGPファイナル滑らない話7
女性自身2017年12月19日号に掲載された「フィギュアGPファイナル滑らない話7」、名古屋で開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルに合わせて企画された記事で、中野友加里さんとクリス松村さんが7項目の見どころを紹介しています。タイトルには「中野友加里&クリス松村がおもしろナビ ”みどころは4回転だけじゃありません!”」と添えられています。

宇野選手やチェン選手など男女シングルのスケーターたちをカラー写真で紹介しつつ、フィギュアスケート観戦初心者にもわかりやすい7つの注目項目として、ティッシュケース(メドベデワ選手や樋口選手のものを紹介)、メイク、選手同士の仲の良さ(メドベデワ選手と樋口選手)、衣装(クリス松村さんはザギトワ選手、中野さんはコストナー選手)、エキシビション(ロシア勢に注目とのこと)、演技後に投げ込まれるもの、キスアンドクライで垣間見えるコーチとの関係、が挙げられています。

解説者が「~の予定でした」と言ったときには、その後リカバリーに挑む選手たちに自分を重ねて応援すると一体感が味わえる、というクリス松村さんの提案はちょっと面白いなと読んでいて思いました。

フィギュアGPファイナル滑らない話7
女性自身2017年12月19日号
2017年12月5日発売
光文社

# by smile_yukari | 2018-01-02 19:47 | 書籍/雑誌 | Comments(0)
中野友加里が語るフィギュアスケートの魅力と平昌五輪の展望
中野友加里さんが朝日カルチャーセンター立川教室で一日講座の講師を務めることになりました。

1月27日(土)13:00~14:30
受付は11月21日09:45より。会員 3024円、一般 3672円
トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』の販売、サイン会も予定されています。

11月22日追記:
朝日カルチャーセンター立川教室さまから、本講座のリーフレットおよび朝日新聞の画像掲載許可をいただきました。

【講座リーフレット】
f0058171_16111042.png
【朝日新聞】(2017年11月20日東京版夕刊、朝日カルチャーセンター特集より)
f0058171_15482273.png
関連リンク:

# by smile_yukari | 2017-11-22 16:30 | イベント | Comments(0)


ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Go, Yukarin!は、トリプルアクセルとドーナツスピンで女子フィギュアスケート界をわかせ、惜しまれつつも2010年に引退した中野友加里(なかのゆかり)さんを応援するファンが作るブログです。

現在はフジテレビで頑張っている中野さんの近況を、ご本人からのメッセージと写真でお伝えしています。

当ブログの写真は、中野さんおよび撮影者の方の許可を得たうえで掲載しているものです。無断転載や画像の一部を編集しての使用、画像への直接リンク等を禁じます。

ブックマーク

中野友加里公式サイト
Yukari Nakano Official Website
(closed)

フジテレビ
日本スケート連盟
プリンスホテル
早稲田スポーツ

スポニチAnnex
時事通信

J SPORTS
カテゴリ
全体
プロフィール
メッセージ
競技会
イベント
ニュース
テレビ
書籍/雑誌
その他メディア
関連サイト
映画
ギャラリー
応援コメント
ファン投票企画
管理人より
English
タグ
(152)
(142)
(134)
(110)
(109)
(74)
(68)
(56)
(54)
(35)
(34)
(31)
(24)
(21)
(19)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
検索
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧